DPRとは?

真空管アンプはボリュームを上げて大きな音を出した時に最良のサウンドが出せます。

これは、大きいボリュームにすると出力管から音楽的な歪みやコンプレッション感が導き出されるからです。

それがバルブアンプの魅力の部分でもあるのです。

Blackstar特許のDPRは出力ステージの電圧をダイナミックに調整することにより、どのボリュームにおいても真空管ならではの歪みとコンプレッションを表現することができるのです。

DPRコントロールのメリット

1.DPRは継続的に出力を10%までダウンさせることができ、あらゆる状況でもアンプを活用することができます。

2.DPRはあらゆるボリュームレベルにおいてもオーバードライブさせた小型バルブアンプから放出されるコンプレッション感を生み出すダイナミックな回路です。

3.パワーアッテネーターのように、DPRはアンプの出力とスピーカーの間に何かを設置するものではなく、パワーだけを減衰させ真空管ならではのトーンや信頼性を維持することができます。

4.DPRを搭載しているのは、Blackstarだけです。